読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々とおまじない

それでも書く

当時のブログ記事より引用②

2010.12.8

 

長い長い手紙を書くなら。

 

はじめて出会ったとき。

楽器決めでジャンケンをして、たしかチョキで勝った。

そして、君に出会った。

 

それはそれは変わった色をした君に、

ヒいていた自分がいた。

――この楽器を、半年吹くのか。

 

どうしよう、と思った。

今では考えられないけど。

もしかしたら君は、いままでずっと、そう思われて吹かれていたのかもしれない。

実際、私は最初そう思った。

だけど、先輩に「すごく良い楽器なんだよ!」って言われて、

どうせ、来年には楽器変わるしって思って、

ちょっと複雑な心境で、君を使うことになった。

周りのみんなの楽器は、ちょっとサビてるけどピカピカで、私のは1個だけ緑色にくすんでいた。

 

君といろんな体験をして、

1年から大きな大会に出ることになって、

その大会で2ndの大役をもらって、

初めて、大好きな先輩が引退する、その辛さを知って、

難しい3重奏に挑戦して、

あっと言う間に半年が過ぎた。

楽器は変わらなかった。

 

2年生では、後輩が入って来て、嬉しくてはりきっちゃって、

林間学校で無理矢理アンサンブルして、

新型インフルエンザの悪夢に文化祭が襲われて、

コンクールでは予選を勝ち抜けたけど惜敗して、

ソロのコンクールで優秀賞とって、

またこの1年もあっと言う間だった。

次の年も、また君がいた。

 

3年生。

パートリーダーになってオロオロして、

新しくて大きくて、素敵なホールが市内にできて、そこで発表会したりして、

そこで、君の名前をもらって、

発表会では初めて緊張して、

コンクールでは念願の全国進出を果たした。

最後はパートのみんなと、卒業写真のアンサンブルを披露して終わった。

 

2年半、まるまる過ぎてしまった。

私の中の大切な思い出の傍らには、

いつだって君がいた。

 

思い出ごと、君のことが大好きになってしまった。

大好きって言葉だけじゃ言いきれないくらい、大好きになってしまった。

大大大大大大大大大好きになってしまった。

かけがえのない存在になっていた。

君は、私の青春の象徴なんだって、

最近よく思う。

 

先輩や後輩、同級生までもが、

私の音を好きだと言ってくれた事がある。

確かに、それは私の音かもしれないけど、

本当は、全部君の音だったんじゃないかって思う。

 

私以外にも、いろんな人に愛されてたんだね。

良かったね。本当に、すばらしいことだよ。

 

今日、賑やかなお別れ会を終えて、

できれば、君をピカピカにしてかえしてあげたかった。

それはちょっとできなかったけど。

だから、せめてでもって、オイルとグリスをちょっと差して、

マウスピースを洗って、

軽くクロスで拭いて、

君をケースにしまおうと、楽器置き場の前に座り込んだ。

 

座り込んでしまった。

どうしても、君をケースに入れることができない。

 

長かった。

短かった。

悲しい。

寂しい。

切ない。

いろんな気持ちと焦りがいっぺんにこみあげて、ヘンな感じがして、

今日、今が、君とお別れだなんて。

 

すこし前に、君を買い取れないかって聞いたら、

法律上学校の備品は法律上買い取れないって言われた。

きまりって不条理だね。

 

だから、今日どうしてもお別れをしなきゃいけない。

もっと、心の準備をして行けば良かったとも思ったけど、

どうせして行っても同じだろうと思った。

 

君がグレることが少なくなりますように。

君が、いつまでも良い音を出せる楽器でありますように。

これから、君を使う人に、君が愛されますように。

 

たくさんの願いをこめて、「ありがとう」って伝えて、

ヘンな涙がいっぱい出てきて、

やっと、君をケースにしまえた。

ゆっくりやってたら、また君を私の膝の上に戻しちゃいそうだったから、

なるべく手早くやった。

ヘンな涙は止まらなかった。

 

ありがとう。

ごめんね。

やっぱり、ありがとう。

大好きだよ。

 

最後のロックをしめて、暫くして、やっと立ち上がれたんだよ。

ヘンな涙はもう出てこなかった。

 

帰り道に、素敵な曲を教えてもらった。

私の天使は、君だよ。

私にたくさんの幸せをくれたのは、君なんだと思う。

ちょっと捻くれ者で、すぐにスネちゃう君だったけど、

私は、君を吹けて幸せだった。

すごくすごく、幸せだった。

きっと、この先これ以上の幸せって無いかもしれないって思うぐらいにね。

 

だから、これからは君が幸せでありますように。

君を使う子が、また、君の事を大好きって言ってくれますように。

君が、永く永く使われますように。

 

私の手には、今も緑色のシミがついているよ。

綺麗さっぱり洗い流すことは、もうないから。

もっと違うところに、色濃く残っているから。

君にも、私の跡が、どこかに残っているといい。

また会いに行く時には、もう「私の」とは言えないけど、

きっといつか会いに行くからね。

それまで、待っててね。

 

親愛なるホルンこと、

かたくりこちゃんへ