読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々とおまじない

それでも書く

「私」を書きはじめる前に

「私」のカテゴリを書き始めるにあたって。

 

これまで私と関わった人々のことや、その出来事を、たくさん書き込んでいきます。

嬉しかったことも、楽しかったことも、嫌だったことも、辛かったことも、その時の私が感じた感覚を出来る限り思いだしながら、そのままに書いていこうと思っています。

傷ついていたら、傷つきましたと書きます。

だけど、それはあくまでその時の私が感じた感覚だということを、心のどこかに留めておいてください。

 

もしかしたら、相手は、私を傷つけようなんてちっとも思っていなかったかもしれないなと、今の私はそう思えます。

私がこのブログで「傷付いた」と言ったら、私を傷つけた人のことを逆に傷つけたり、怒らせたりしてしまうかもしれない、とも思っています。

 

だけど、書きます。そういうことを書かないと、最後に私が一番伝えたいことに、説得力が出ないからです。

ただ、いろんなエピソードを綴る中で、具体的にどんなことがあったのかを書く部分があります。これは、そのひとつひとつを伝えることが目的ではなく、そこで私がどう感じたかを具体的に伝えることに主眼があります。

ただの辛かった・楽しかったの思い出話がしたいのではないということを、ご了承ください。

 

その上で、私の文章に傷つけられたり怒りを感じたりして、記事を取り消してほしいと思うのであれば、以下のアドレスにご一報ください。真剣に向き合った上で、すぐに取り消します。

panpinobambi◎gmail.com(◎→@)

 

長々と前置きをしました。それだけ、私には覚悟のいる内容です。

だけど、実際読んでみたら「なんだ、よくある話じゃないか」なんて思われてしまうかもしれません。実際、そうなのかもしれません。

それでも、書きます。そのつもりではじめました。

 

次の記事から、気長に書き始めます。

なかなかオチのつかない、長い長い投稿になると思います。

それでも、今の私は、日々を明るく楽しく精一杯に生きています。必ず救いのあるお話にはなりますので、よければどうぞ最後までお付き合いください。


f:id:ni2ka:20170209155956j:image

 

p.s.文章ばかりでは読みにくいと思うので、イラストを添えながら投稿したいと思います。自筆です。